287 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/01/15(日) 23:55:47 ID:pOuVUJu/
日本語は色を表す形容詞は少ないよ。
色の「名前」は多いけど。
「○色い」を除くと「黒い」「白い」「赤い」「青い」しかない。


292 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/01/16(月) 02:05:02 ID:uM5TBbA8
»287
もともと、江戸時代ぐらいまでの、日本の【色】の概念・定義って、4種類しかなかったらしい。
それが、黒・白・赤・青
他の色はこの4種のどれかに含まれたらしい。
黄色は赤の一種だったんだけかな。緑は青の一種。
だから、青野菜といえば、青い野菜なんてないけど、緑の野菜を指す。
青信号といっても、多くは緑色の信号だったりする。

後付の色は、どうしても形容詞が乏しかったりする。


315 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/01/16(月) 15:51:51 ID:d134/1NF
古代の日本の色の概念が赤、青、白、黒の4つしかなかったというのは本当。
光に対する4種類の感受性である
明るい(明)=あか
暗い(暗)=くろ
はっきりしている(顕)=しろ
ぼんやりしている(漠)=あを   で色を表現していた。
だから色を表すことばのなかでこの4つだけが単独で形容詞化できる (あかい、あおいなど)。
これ以外の言葉は、もともとは色以外を表すものだったのが色の表現
に流用されたもの。例えば「みどり」はもともとは新芽や若葉、またそれ
らに象徴される生命力を表す言葉だった(みどり子、みどりの黒髪など)。
bgnori:

https://twitter.com/ryoko174/status/497163973364428800

天然ガス価格の推移を見れば、日本向け価格のみが、原発停止のタイミングから有意に高騰していることが分かります。 「産油国から足元見られてふっかけられるよ」と警鐘していたのはこのことです。

bgnori:

https://twitter.com/ryoko174/status/497163973364428800

天然ガス価格の推移を見れば、日本向け価格のみが、原発停止のタイミングから有意に高騰していることが分かります。 「産油国から足元見られてふっかけられるよ」と警鐘していたのはこのことです。

ネバーエンディングストーリーで「願いをひとつ叶える度に大切な記憶をひとつ失う」っていうシーンがあって、未だに何か思い出せない、忘れてしまった時は「何か願いが叶ったのかなあ」と思ってしまう。

1 名前:以下、はてなにかわりまして元増田がお送りします。 投稿日:2012/08/04 01:27:37
付き合い始めてしばらく経っても、セックスの前にはデートしたほうがいい。
っていうか、相手の「公的な姿」をお互い見てからセックスしたほうがいい。
相手の家に行って、部屋着のままの相手と最初っからセックスするのとか、慣れるとやばい。
セックスの貴重さとか大事さとかが地に落ちる。相手の裸の価値も落ちる。
なんていうか、はいはいチンポチンポ、おつかれ、みたいな投げやりな気分になる。
どうでもいいセックスだったらしない方がいい。オナニーのがよっぽどいい。
セックスは頻度減らしても質を重視したほうがいい。主食じゃなくて嗜好品だから。
河川敷の散歩してその後スーパーに寄ってとかでもいいけど、
二人で外に出た後だとちゃんと燃える。相手のノリも全然違う。
「公的な姿」ってマジで大事だと思う。おろそかにしすぎるとお互いに恋愛対象として死んでいく。

2 名前:以下、はてなにかわりまして増田がお送りします。 投稿日:2012/08/04 01:37:47
すごくよくわかる。
そのへんの間合いのとり方がうまい人がいつまでも愛し愛されるんだろうな

217:名無しの心子知らず:2011/11/08(火) 17:42:15.87 ID:oRMO4vYA


うちの息子が幼稚園に入ったころ
近所の友達に乗り始めの自転車でぶつかって軽く怪我させたことあった。
その場で謝ってむこうのママさんも許してくれたんだけど
その話を帰ってきた旦那に言ったら
「よし、今から謝りにいこう」
って言われた。
「もう私が謝ったし向こうも納得してくれてたよ」
って言ったんだけど強引に息子と私を連れて相手の家に行って玄関でぺこぺこ頭下げて
謝り倒してた。 帰ってきて私に言った
「謝罪と言うのは相手がどう思おうが関係ない。大事なのは息子に俺が頭下げてる姿を見せること。
 自分のしでかしたことで父親が頭下げてると言うのはすごく心に残るんだよ。
 俺もガキの頃、自分のしたことで怖い親父がぺこぺこ謝ってる姿見てこわかった~
 二度と親父をあやまらせることないようにしようと思ったよ。」

そうか~謝罪って子育ての一環って意味もあるんだなって感心したよ。

日本人の多くは、もっと稼ごうと思ったら、たいてい二つのことしか思いつきません。それは、「一生懸命がんばる」ことと、「資格を取ること」です。どうして、みんなこの二つしか思いつかないのか不思議です。
人は頑張りをすぐ自慢しがちだけど、その度に美術学校の先生を思い出す。「いかに生徒から見て暇に見えるか」を心がけてる人だった。徹底的に気を配って暇を心がけてる人だった。「忙しそうにしてる人に生徒は声かけにくいでしょ?」と笑って言う彼は今日も生徒から給料泥棒と言われながら囲まれていた
世の中に失敗というものはない。チャレンジしているうちは失敗はない。あきらめたときが失敗である
タバコを吸う奴はイイ奴なんだ、人より多く税金払ってくれて、しかも早死にしてくれるから年金も少なくて済む、だから国はタバコを売るんだ #教師に言われた衝撃的な言葉 自分は吸わないけど教室内の喫煙者が一斉に引いてたのをよく覚えている

アニメ化の権利をおあずかりするにあたって、いくらかお支払いしようとしたのですが、藤本先生は「お金はいりません。その代わり『ドラえもん』をどうしたいのか、『ドラえもん』のどこが好きなのかということをレポートにして提出してください」と言われました。

 私や楠部は文才がなかったので、当時一緒に仕事をしていた高畑勲さんに『ドラえもん』を読んでもらってレポートをまとめてもらいました。それをお持ちしたところ「わかりました、結構です」とお返事いただき、権利をあずけてくださったんです。